2011年06月27日

一筋の光

「みぃーーーっきし!!!!いーーーーっきし!!!!!!(≧Д≦)」
「きゃぁ!!何!?今度はキーツ!?」セレンに抱きつくチリ。
「……ズズッ…。。何だかなぁ…。。誰だよ…噂してんの…」
鼻をさすりながらグチグチと文句を言う。

「タロ様がキーツの悪口言ってるんじゃないのぉ〜?」チリはニヒヒと笑う。
それにつられて周りもクスクス笑う。面白くないキーツ。
「あ…そうだ。こっちからタロさんに連絡出来るっつったよな?」
「ええ、ニンフに集中すれば出来るって…」赤いニンフを見るセレン。
「ねぇ!ねぇ!やってみて!キーツ!」ワクワクしたチリが言う。

「……って…。。どうやんの?」ボーゼンとする一同。
「え!?やり方分からないの??」アルテが焦って突っ込む。
「だって!聞ーてねーもん!タロさんやり方教えてくれてねーもん!」
「とにかく!!キーツはニンフに集中してみて!
 そして、語りかければいいのよ!」チリが言う。
そう言われてキーツはニンフに気を集中し、心の中で語りかけてみる。

「タロさん…?タロさ〜ん?」多分無理だろうと思われたそのとき
「キーツですか?どうしました?」
…普通に返事が返ってきてしまった。意外に簡単だった。
「おわ!通じてる!すげー!!」はしゃぐキーツ。一同も安心をする。

「先生、何か分かりましたか?」レオが問う。
「タロさん、何か分かった?」代弁するキーツ。
「ええ、色々分かった部分はありますが、全て正しい情報とは言えません。
 しかし、セレンさんに伝えておいて下さい。
 アンディはそう簡単に危険なメには合わないのだと。」
「マジっすか!?」喜ぶキーツ。皆は何だか分からずヤキモキする。

ニンマリ笑ったキーツは振り向いて言う。
53.gif
「アンディはそう簡単に危険なメに合わねーんだって☆(`∀´)v」


posted by taroc at 13:27| Comment(0) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

師の言葉

一通りの事をネーレに話したタロ。
「そうか…またもや同じ過ちを犯そうとする輩が出たか…」
「いえ、断定は出来ないのです。ただ、そうとも考えられるというだけで…。」

白いヒゲをさすりながらネーレは説く。
「じゃが…、ワシもその子孫にはまだ恨まれとる…。。
 更に…誰かが考えついた事じゃ、誰かが必ずいつかはやるのじゃよ…」
「しかし、アンディをさらったのは少年だと聞きました…」
「大人も子供も関係無い…。ここまでさらっておる事は事実…
 どっちにしても遊びではないというのは確かなんじゃ…。」
「………ええ、そうですね…。」沈痛な面持ちのタロ。

またもや行き詰まるタロに提案をする。
「どうじゃ?その子孫の周りから調べていくというのは?
 魔法力を集めているのはもう目に見えとる。
 そうなると、さらった者達をむやみやたらと殺す事は無いじゃろう。
 そういう意味ではアンディの身は安全という事になる。
 お主等は、ソヤツの企みが成就する前に叩けば良いという事じゃ。」
「………分かりました。…ありがとうございます!」
スクッと立ち上がるタロ。
「お主はたまに考え過ぎる時がある。もっと力を抜くんじゃな。」

ドアの前で止まり、振り返る。そしてクスリと笑い、
「ええ、キーツという男が居るのですが、
 彼を見てるといつもそう思わされるんです。」
そう言って一礼をし、タロは魔法を唱え消えた。

タロの消えたドア付近を優しい眼差しで見ながらネーレは言う。
「最近板に付いてきたと思ったのじゃがな…。まだまだアヤツも若いのぉ…」
52.gif
フォッフォッフォと昔の自分を思い出すかの様に笑うネーレであった。
posted by taroc at 10:36| Comment(0) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

失言

「えええええ!?!?」全員驚く。
「え!だって!ほら!セレンさんはママだし!」…たじろぐキーツ。
ちょっとムっとするセレン。

「まっ…ママだけど!私まだキーツより2個上なだけよ!?」
「え?……そうなの?」意外な顔をするキーツ。

「……ど…どういう意味?」にこやかな顔をして怒っているセレン。
51.gif
「もーー!!!キーツは女性にモテないでしょー!」
上手く割り込むチリ。

「何だソレ!おチビのお前に関係ねーっつの!」憤慨する。
「ね〜?嫌よねぇ〜?こんな乙女心の分からない男ぉ〜」アルテに振るチリ。
「うん。うん。」アルテはコクコクとうなずく。

「うるせー!!男心の分からねー女もモテねーんだよ!」
「うわっ。逆ギレだ…」呆れるチリとアルテ。
「まぁまぁ、キーツ、落ち着いて…」キーツの肩をポンとレオが叩く。

「………………(=Å=メ)プチっ…オメーにだけは慰められたくねー!!!!」
「むぎゃーーー!!!!!」暴れまくるキーツにレオが巻き込まれる。。

どうにも救われないキャラに成り下がってしまった男、レオであった…
posted by taroc at 11:12| Comment(0) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。