2012年01月30日

コウ・モリ

「んじゃ、女性陣はコウちゃんへ。野郎共はモリ号じゃ〜。」
誘導するサジタ。
「あの…すみません。どうやって進んでくれるか分からないんですけど…」
セレンがサジタに聞く。サジタはあっけらかんと答える。
「大丈夫。大丈夫。コウちゃんはお利口さんだから、言えば分かる。」

「…さっき、あんまり言う事聞いて無かったような気がするけど…?」
シラリとキーツが突っ込む。
「……コイツ等…あんまり男の言う事聞いてくれんのじゃ…(;=Д=)」
「女好きって事か…」
「いや、コウちゃんは女の子・モリは男。モリはエサがあればOK!」
「食い気か…(=∀=;;)」

「コウちゃん、町までお願い出来る?」頭を撫でながら優しくセレンが言う。
コウはセレンの手をペロペロと舐めた。
「ふふふっ…くすぐったい…(^v^*)」
コウはイキナリ走らずにゆっくりと歩き始めた。
「すごーい☆ちゃんとゆっくり歩いてくれてる〜(゚Д゚*)」アルテが感動する。

「さぁて、女性陣も進み出したし、モリ号も発車しますか。」とサジタはポケットからオヤツを出す。
「モリ、町まで頑張れ。」とサジタがモリの口にオヤツを入れると、フンガー!フンガー!と鼻息が荒くなってきた。

モリ号発車。
ドキューーーーーーーーーーーーン!!!−(  つ゚Å゚)つ
71.gif
モリ号はコウを抜いて走り去っていった。。。。
posted by taroc at 13:31| Comment(0) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

一番弟子・サジタ

「っきゃー!おっきぃ〜い☆☆Ψ(`∀´)Ψ」イタチは2本おり、
スラリとした白っぽいもの・どっぷりとした黒っぽいものが居た。どちらも体高は2m以上あるだろう。
そして、上に乗っているモノがワタワタと降りてきた。

「いやぁ〜、参った参った。ワシの言うこと何も聞かん!だっはっは!!」
頭を掻きながら降りてきたのは、言葉になまりのある30過ぎの髪・ヒゲ、ボサボサのオッサンであった…。。

「……あ…アンタ…誰?」キーツが及び腰で聞く。
「おっ…紹介が遅れたな!ワシはサジタ。タロセンセーから何か聞いてない?」
70.gif
「貴方がサジタさん!?」チリ一同、驚く。まさかタロの弟子がコレだとは…
「タロさんが良く分からなくなってきた…」ボソッと言い、顔をそらすキーツ。

「サジタさん、タロ様も町に向かっている様なんです。」セレンが言う。
「おお、そうか。じゃ説明とか全部センセーにしてもらったが早いな。」

そう言ってイタチの所へ行く。イタチ等は黙々と毛繕いをしていた。
「そろそろワシの言うこと聞いてくれや…お前等…」ガックリするサジタ。

「ねぇ、この子達の名前は〜?」チリがイタチを撫でながら言う。
「白いんのが『コウ』。黒いんのが『モリ』。コウモリで強そうじゃろ〜☆」
「サジタさんが付けたの〜?(^∀^)ノ」イタチをウリウリしながらチリが聞く。
「んにゃ。タロセンセー。」

「……ますますタロさんが遠くなってゆく…(;;TДT)//」
明日を見つめるキーツであった…
posted by taroc at 12:19| Comment(0) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。