2012年08月20日

指輪の約束

外では食料等を巨大イタチに戻ったコウとモリに積む作業が行われていた。
その片隅でチリとアルテが話をしている。

「ねぇ…。この指輪、アルテがしててくれる?」そういって手渡すチリ。
「え!?…でも…。この指輪はチリチリの指輪なんでしょ!?
 わたしよりセレンさんにしてもらった方がいいんじゃない??」慌てるアルテ。

「うん…。そう思ったんだけど、この指輪はめちゃうと
 魔法力が制御されちゃうでしょ?だからセレンもはめられないの。
 だからって持ってると何だか無くしちゃいそうだし…付けてて欲しいの。」
よほど大事な物なのだろうと理解したアルテは、受け取った指輪をはめた。
78.gif
「よっし!チリチリの大事な指輪だもんね!絶対なくさないから!」
そう言ってアルテは指輪をつけた手に握り拳を作り、チリに見せる。
「ありがと〜アルテ☆☆o(〃∇〃)o
 その指輪はね、お祖母様からお母様。そして私に受け継がれた物で、
 身を守ってくれるという指輪なの。…ちゃんとアルテを守るのよ(^v^)ノ」
アルテの手で光る指輪を撫でながらチリは微笑んだ。

「でぇぇぇ!!!やっぱりそんな大事な指輪だったんだー!!(((゚Д゚;;)」
後に引けなくなったアルテであった…。。
posted by taroc at 12:21| Comment(0) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。