2012年01月23日

一番弟子・サジタ

「っきゃー!おっきぃ〜い☆☆Ψ(`∀´)Ψ」イタチは2本おり、
スラリとした白っぽいもの・どっぷりとした黒っぽいものが居た。どちらも体高は2m以上あるだろう。
そして、上に乗っているモノがワタワタと降りてきた。

「いやぁ〜、参った参った。ワシの言うこと何も聞かん!だっはっは!!」
頭を掻きながら降りてきたのは、言葉になまりのある30過ぎの髪・ヒゲ、ボサボサのオッサンであった…。。

「……あ…アンタ…誰?」キーツが及び腰で聞く。
「おっ…紹介が遅れたな!ワシはサジタ。タロセンセーから何か聞いてない?」
70.gif
「貴方がサジタさん!?」チリ一同、驚く。まさかタロの弟子がコレだとは…
「タロさんが良く分からなくなってきた…」ボソッと言い、顔をそらすキーツ。

「サジタさん、タロ様も町に向かっている様なんです。」セレンが言う。
「おお、そうか。じゃ説明とか全部センセーにしてもらったが早いな。」

そう言ってイタチの所へ行く。イタチ等は黙々と毛繕いをしていた。
「そろそろワシの言うこと聞いてくれや…お前等…」ガックリするサジタ。

「ねぇ、この子達の名前は〜?」チリがイタチを撫でながら言う。
「白いんのが『コウ』。黒いんのが『モリ』。コウモリで強そうじゃろ〜☆」
「サジタさんが付けたの〜?(^∀^)ノ」イタチをウリウリしながらチリが聞く。
「んにゃ。タロセンセー。」

「……ますますタロさんが遠くなってゆく…(;;TДT)//」
明日を見つめるキーツであった…


posted by taroc at 12:19| Comment(0) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。