2012年01月30日

コウ・モリ

「んじゃ、女性陣はコウちゃんへ。野郎共はモリ号じゃ〜。」
誘導するサジタ。
「あの…すみません。どうやって進んでくれるか分からないんですけど…」
セレンがサジタに聞く。サジタはあっけらかんと答える。
「大丈夫。大丈夫。コウちゃんはお利口さんだから、言えば分かる。」

「…さっき、あんまり言う事聞いて無かったような気がするけど…?」
シラリとキーツが突っ込む。
「……コイツ等…あんまり男の言う事聞いてくれんのじゃ…(;=Д=)」
「女好きって事か…」
「いや、コウちゃんは女の子・モリは男。モリはエサがあればOK!」
「食い気か…(=∀=;;)」

「コウちゃん、町までお願い出来る?」頭を撫でながら優しくセレンが言う。
コウはセレンの手をペロペロと舐めた。
「ふふふっ…くすぐったい…(^v^*)」
コウはイキナリ走らずにゆっくりと歩き始めた。
「すごーい☆ちゃんとゆっくり歩いてくれてる〜(゚Д゚*)」アルテが感動する。

「さぁて、女性陣も進み出したし、モリ号も発車しますか。」とサジタはポケットからオヤツを出す。
「モリ、町まで頑張れ。」とサジタがモリの口にオヤツを入れると、フンガー!フンガー!と鼻息が荒くなってきた。

モリ号発車。
ドキューーーーーーーーーーーーン!!!−(  つ゚Å゚)つ
71.gif
モリ号はコウを抜いて走り去っていった。。。。


posted by taroc at 13:31| Comment(0) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。