2012年02月06日

イタチ酔い

「大丈夫かな〜?モリ号全然見えなくなっちゃったよ?」心配するアルテ。
「大丈夫よ。コウちゃんはお利口さんだって言ってたでしょ?」心配せずにアルテに微笑むセレン。

しばらくすると黒い物体が前方に見えてきた。
……モリ号である。
「あれ?先に行ったんじゃなかったの?」チリが聞く。
72.gif
「いやぁ〜、モリ号は持久力が無くてな…今休憩中じゃ〜。」サジタがケラケラ笑う。後ろに乗っているキーツとレオはグッタリしていた。

「でも、このまま行くともう少しで着きそうね♪」セレンが言う。

ドキューーーーーーーーーーーーン!!!−(  つ゚Å゚)つ

「きゃはは!また追い抜かれちゃった!Ψ(`∀´)Ψ」アルテが大笑いする。
「大丈夫☆またどこかで止まってるから♪(≧∀≦)ノ」チリも一緒に笑う。

そうこうするうちに隣町『コロポ』に着いたのであった。


posted by taroc at 13:02| Comment(0) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。