2012年02月20日

逆の発想

「コーヒーか紅茶どっちがいー?」皆に聞いてまわるサジタ。
皆は1つのテーブルにタロを中心にして集まっていた。

「んで?何か変わった事でもあったんすか?」キーツがタロに問う。

「ええ…。。
 私がアンディに作ったTシャツが、悪用されている可能性があるのです…」
「…………っ!?!??!?!?!」一同絶句する。

「それって、タロさんに言われて俺達が探してたヤツって事!?」
「……そうです……。」重い気持ちが伝わってくる様に返事をするタロ。
74.gif
「それは、どういう事なんですか?」セレンも質問をする。
「アンディに作ったTシャツは『魔法力を一定量に保つ』様に術を施しています。
 それは膨大な魔法力を『制御する』という意味にもなるんです。
 チリの魔法が使えなくなったのも同じ原理です。
 魔法力の高い者でも、それを身につける事により一般人と同等になってしまう。
 そうやって今、次々に人がさらわれていっています…」

「じゃあ、チリはこの指輪を外さない方がいいって事?」そろりとタロをうかがいながら聞くチリ。

「いえ、その逆の発想で行きましょう。」

「逆!?」一同が驚く。


posted by taroc at 14:54| Comment(0) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。