2010年11月16日

ニンフ

家に帰る途中、タロはキーツに問う。
「これからの予定は決まっているんですか?」
「え!?」何も考えてなかったキーツはビックリする。

「えっと……何かしなくてはいけないとかそんな事は無いけど…
 何か面白い事があれば、何処にでも行く自信はアリアリ!」
「そうですか…。。貴方にとって面白いか面白く無いかは分からないが…
 この町で少し働く気はありませんか?」

そう言われて少し驚く。
「働くかぁ〜、面白ければ何でもやっちゃうけどなぁ〜(^∀^)ノ」
「じゃあ、面白いという事にしておいて、決定でいいですか?」

「……タロさんて…意外に強引っすね…(汗
 ま!いいや!その間はタロさんのトコに世話になってていいって事っしょ?」
「ええ。何か不自由があれば、言ってもらえば何とかします。
 連絡用のニンフ(妖精)を付けますので。。。」
そう言ってキーツに魔法をかける。キーツの心臓部分より「スゥ」っと妖精が出てきた。
16.gif
「おわー!!すげー!何コレ!」またもや大騒ぎ。
「あまり騒がない様に…。ニンフが驚きますから…
 この子を通じて貴方の思っている事、全て私に伝わります。ですので
 嘘・偽りは通用しません。見張る様で悪いですが、今日会ったばかりの
 人間を家に入れる訳ですからそれくらいはさせて下さい。
 それがイヤであれば、今からでも断って頂いて構いません。どうですか?」

そう言われても特に考えもせず笑って答える。
「いいっすよ〜☆なんかおもろそうだし!!…いやぁ、でもコイツすげー!!」
注意事項よりもニンフが気になってしょうがない様子のキーツ。
やはりつかみ所が分からないタロであった。


posted by taroc at 14:27| Comment(0) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

TAROT

「おはようさんっす(^Д^)ノ」
「おはようございます。よく眠れましたか?」
タロはキーツの分のコーヒーを置く。

「バッチシっす!…んで、昨日言ってた仕事って何なんすか?」
渡されたコーヒーをズルズルと飲み干して聞く。
キーツの向かいの席につき、タロはゆっくりと口を開いた。

「あるモノを探して欲しいんです。」
目をパチクリとするキーツ。「探し物っすか?」
「ええ、この様なTシャツなんですが…」と、図が書いてある紙を差し出す。

「……Tシャツ?……タロさん、意外にカジュアルっすね〜(・∀・)b」
「……私のではなく…。いえ、私が作ったモノですが…アンディのです。」
「あのおチビちゃんの??…でもタロさんが作ったTシャツ…
 タロさんTシャツ。。…タロティ!?」
奇妙なネーミングを施すキーツ。タロはキーツに押されつつ仕事内容を伝える。
17.gif
「ま…まぁ、名前は別に良いんですが…。このマークが入っているモノです。」
先程の図の中にマークが描いてあり、それを指さす。
「アンディのモノだと言いましたが、
 小柄な女性であれば着れる程度の大きさです。
 それと、やみくもに探すのではなく魔法力の高い人の周りで聞き込みを
 行って下さい。…コレがこの町の人でのリストです。」
リストの紙をキーツに渡す。ざっと見ても100人以上はいるだろう。

「うっへぇ〜、結構居るんすねぇ〜…。。
 ぅおし!分かりやした!行ってきます!」
何のためらいもなく、意気揚々と外に飛び出すキーツ。
やる気だけは人一倍あるようだ。

その後ろ姿を複雑な気持ちで見送るタロであった…。
posted by taroc at 10:10| Comment(0) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

謎の少女

「ん〜。これで2件の周りはOKか。。意外に大変だな。。
 お?次の家はソコか。。」とその家の中をうかがい、隣の家に向かおうとしたその時。

「アナタ、何処の人?
 …人の家の中を見たりして、不審者と思われても仕方ないわよ?」
ビクっとして振り返ると、他の子供とは違い、気品のあふれる女の子が立っていた。
18.gif
「え…あ〜…探し物をしてるんだけど…。。こんなTシャツ知んない?」
驚きはしたものの、少しでも情報が欲しいキーツは質問をぶつける。

「あ〜!コレ、このあいだアンディが着てたヤツ!
 大きいからおかしいって言ったら怒っちゃったの。
 だから良く覚えてるわ(`∀´)ノ」

お?と思って続けて聞くキーツ。
「そうそう!アンディのなんだけど、それが無くなって
 今探すハメになってんの!どっかで見なかった?」
「…知らない…。。でも、知ってても教えない。。
 だってアナタ信用出来ないもの。」

ゴィーーーーン!<(゚Д゚)>

……頭の中で何か大きな鐘が鳴り響いたような感覚に陥るキーツ。
「オレって…オレってそんなに…?」落ち込むキーツ。
それをジッと見ていた少女が口を開く。
「落ち込まないでよ〜。だってアナタの事何にも知らないわ。
 だからそう言ったの。それに……
 こんな武器持ってたら更にアナタを嫌厭(けんえん)する人がいるかもだし。。」
キーツの腰元のガンを指さして、少女は言った。。
posted by taroc at 12:16| Comment(2) | TAROTSTORY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする